離婚後の親子の姓と戸籍

婚姻時に夫婦は新しい戸籍を作り、夫婦が夫の氏を名乗るときには戸籍の筆頭者は夫、夫婦が妻の氏を名乗るときには戸籍の筆頭者は妻となりますが、夫が戸籍の筆頭者となり、妻が夫の姓に変更することが一般的でしょう。

そして、夫婦間に子供が生まれると、その子は夫婦の戸籍に入ることになります。

筆頭者でない親

この状態で夫婦が離婚をした場合、婚姻時に作成した戸籍から抜けるのは、戸籍の筆頭者でない人だけです。

一般的には、夫が戸籍の筆頭者となっていることが多いので、離婚によって戸籍から抜けるのは妻ということになります。

つまり、夫と子供が戸籍に残った状態で、妻だけが戸籍から抜けるという形になるわけです。

では、婚姻中の戸籍から抜けた妻はどうするかと言いますと、新しい戸籍を作るか、結婚前の戸籍に戻るかを選択できます。

ただし、同じ戸籍には同じ氏の人間しか入れないため、妻が離婚後も婚姻時の姓を名乗りたいのであれば、結婚前の戸籍には戻ることができません。

また、三代戸籍(親、子、孫と三世代が同じ戸籍になること)は禁止されていますので、離婚後に妻が親権者になる場合であって、子供を自分の戸籍に入れたいのであれば、やはり結婚前の戸籍に戻るのではなく、新しい戸籍を作成する必要があります。

離婚の際に称していた氏を称する届

戸籍の筆頭者でない人が勤務先での事情などで離婚後に旧姓に戻ることなく、婚姻していた当時の姓を名乗りたいという場合には「離婚の際に称していた氏を称する届」を住所地又は本籍地の市区町村役場に提出すれば、離婚後も婚姻中の姓を名乗ることができます。

この「離婚の際に称していた氏を称する届」は離婚届と同時に提出するか、離婚の日から3ヶ月以内に提出する必要がありますが、一般的には離婚届と同時に提出することが多いようです。

なお、この「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出するにあたって、元配偶者の同意を得る必要はありませんので、「離婚後は俺の姓を名乗るな!」などと言われていようが、関係なく提出することが可能です。

「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出しますと、戸籍も婚姻中に使用していた姓で新たに作られます。

届出後に婚姻前の姓に戻す

しかし、一度婚姻中の姓を選択した後にやはり婚姻前の姓に戻りたいと思った場合には家庭裁判所の許可が必要となり、簡単に婚姻前の姓に戻ることはできませんので、「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出するにあたっては慎重に考えなければなりません。

「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出した後に、婚姻前の姓に戻ろうとする場合は、家庭裁判所に氏の変更許可申し立てを行い、家庭裁判所が「やむを得ない事由」があると判断した場合にその申し立ては認められます。

この「やむを得ない事由」については、通常の氏の変更よりも以下のような事情があれば、ある程度緩和して解釈すべきであるとされております。

  • 「離婚の際に称していた氏を称する届」が恣意的でなかったこと
  • 氏変更許可の申し立てが相当の期間内にされていること
  • 氏変更許可によって第三者が不測の損害を被るなど、社会的弊害が発生する可能性がないこと
  • 氏変更許可の申し立てが冷静な判断によってなされ、かつ恣意的でないこと
  • ※参考判例(東京高裁決昭58・11・1)
  • 離婚にあたりいったん婚氏続称届(離婚の際に称していた氏を称する届のこと)を出した者が、その後婚姻前の氏に変更しようとする場合に、申立ての期間・動機において相当性があり、それが恣意的でなくしかも第三者が不測の損害を被るなどの社会的弊害が発生するおそれがない場合には、戸籍法107条1項に定める「やむを得ない事由」を他の場合に比しある程度緩和して解釈すべきである。

子供

父母の婚姻中は、子供は両親と同じ戸籍に入っています。

そして、夫婦が離婚をした場合、婚姻時に作成した戸籍から抜けるのは、戸籍の筆頭者でない人(一般的には母親が多い)だけですから、子供は婚姻中の戸籍に残ったままの状態であり、当然子供の姓も夫婦の婚姻中と同じです。

このことは、例え親権者を母親にしたとしても同じことであり、母親が婚姻前の姓に戻った場合は戸籍も姓も子供と異なりますし、母親が「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出したとしても表面上は同じ姓になっていますが、母親と子供の戸籍は別々になっている状態です

氏の変更

子供の姓を母親と同じにして、かつ母親と子供の戸籍を同じにしたい場合は、家庭裁判所に子の氏の変更許可を申し立てます。

申立書類は「子の氏の変更許可申立書」であり、子供の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てます。

また、申立人は子供が15歳未満のときは法定代理人(親権者)であり、子供が15歳以上のときは子供本人となります。

家庭裁判所から子の氏変更の許可が出ました(通常はすぐに出ます)ら、子の氏の変更許可審判書謄本が交付されますので、この審判書謄本を添えて子供の本籍地又は住所地の市区町村役場に入籍届を提出すれば、子供の姓も戸籍も親権者である母親と同じくすることができます。

なお、この入籍の届け出も上記の「子の氏の変更許可申立」同様、子供が15歳未満のときは法定代理人(親権者)が行い、子供が15歳以上のときは子供本人が行います。

このページの先頭へ

イメージ画像