年金分割の手続の流れ

離婚時における年金分割は、合意分割制度と3号分割制度に分けられます。

このうち、3号分割は、婚姻期間中のうちの平成20年4月1日以後の夫婦の一方が第3号被保険者期間中の他方夫婦の厚生年金又は共済年金の標準報酬について2分の1の割合で分割する制度であり、他方配偶者の同意は不要ですから何かを決めなければならないということはありません。

しかし、平成20年3月以前の標準報酬を分割する場合や平成20年4月以降であっても夫婦の双方が第2号被保険者である場合にその標準報酬を分割するには、上記のような3号分割ではなく、合意分割を行わなければなりません。

そのため、夫婦間で年金を分割する旨を合意することと、分割する割合である按分割合を決定する必要があります。

按分割合の上限は50%、下限は0であり、上限はどの夫婦間であっても50%となりますが、下限についてはその夫婦の婚姻期間中の年金加入歴によって異なります。

年金分割を受ける側としてはできるだけ上限に近い数字で按分割合を定めるほうが有利であり、年金分割をする側としてはできるだけ下限に近い数字で按分割合を定めるほうが有利であることはご理解いただけるかと思います。

具体的手順

年金分割のための情報通知書を入手する

そこで、離婚時に年金分割を行うことを希望するのでありましたら、按分割合の下限を調べるために必要な情報を入手することから始めます。

これは厚生年金に加入していたのであれば社会保険事務所に、共済年金に加入していたのであれば共済組合に「年金分割のための情報提供請求書」を提出(用紙は社会保険事務所又は共済組合でもらえます)すれば、「年金分割のための情報通知書」を受け取ることができます。

そして、この年金分割のための情報通知書を見れば、按分割合の上限と下限が記載されています。

この情報提供の請求は、夫婦双方からでも一方からでも行うことができますが、夫婦の離婚前に一方が単独で請求する場合は、夫婦関係に配慮(離婚準備をしていることを知られたくない人も多いので)して、情報を請求した側のみに提供し、他方へは知らせないことになっています。

なお、年金分割のための情報提供請求書に添付する書類は、請求者の基礎年金番号が分かるもの(国民年金手帳、年金手帳、基礎年金番号通知書等)と戸籍謄本又は戸籍抄本となります。

夫婦間で話し合いをする

年金分割のための情報通知書を入手しましたら、いよいよ年金分割(合意分割)を行うかどうかということと、「年金分割のための情報通知書」に記載されている上限と下限の範囲内において按分割合を夫婦間の協議で決めます。

なお、この話し合いがまとまらない場合や相手方配偶者が話し合いにすら応じないような場合には、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所に調停を申し立てることができます。

そして、調停の場において年金分割(合意分割)を行うかどうかということと、按分割合を話し合うことになります。

さらに、年金分割に関する調停が成立しない場合は、審判に移行し、家庭裁判所が「対象期間における保険料納付に対する当事者の寄与の程度、その他一切の事情を考慮して」定めることになります。

公正証書等の作成

夫婦の協議がまとまっても、それだけでは年金分割の請求を行うことはできません。

そこで、年金分割の請求を行うためには、夫婦間で年金分割(合意分割)を行うかどうかということと、その按分割合について決定していることが分かる書類が必要になります。

具体的には以下のようなものです。

  • (1)年金分割請求をすること及び請求すべき按分割合について合意している旨を記載し、かつ、当事者自らが署名した書類
    →ただし、この書類で年金分割を請求する場合は、当事者双方又はその代理人が社会保険事務所の窓口に直接出向く必要があります。
  • (2)公正証書の謄本若しくは抄録謄本
    →離婚協議書等を公正証書にする場合には、その公正証書に年金分割請求をすること及び請求すべき按分割合について合意している旨が記載されていることが一般的です。
  • (3)公証人の認証を受けた私署証書
    →上記(2)のように公正証書を作成するのではなく、年金分割請求をすること及び請求すべき按分割合について合意している旨を記載した書類を公証役場に持参して、公証人から認証を受ける方法です。

請求手続

合意分割

最後に実際に社会保険事務所において、年金分割(合意分割)請求の手続を行います。年金分割(合意分割)請求の手続には、以下の書類が必要となります。

  • (1)標準報酬改定請求書(社会保険事務所に備え付けています)
  • (2)請求者の国民年金手帳、年金手帳、又は基礎年金番号通知書
  • (3)戸籍謄本、戸籍抄本等の婚姻期間等を明らかにできる書類
  • (4)以下のいずれかの書類
    ア)年金分割請求をすること及び請求すべき按分割合について合意している旨を記載し、かつ、当事者自らが署名した書類
    イ)公正証書の謄本若しくは抄録謄本
    ウ)公証人の認証を受けた私署証書
    エ)調停調書の謄本又は抄本
    オ)審判書の謄本又は抄本及び確定証明書

3号分割

3号分割は、婚姻期間中のうちの平成20年4月1日以後の夫婦の一方が第3号被保険者期間中の他方夫婦の厚生年金又は共済年金の標準報酬について2分の1の割合で分割する制度であり、他方配偶者の同意は不要ですが、こちらも合意分割制度同様に社会保険事務所に対して年金分割請求をしなければ標準報酬は分割されません。

年金分割(3号分割)請求の手続には、以下の書類が必要となります。

  • (1)標準報酬改定請求書(社会保険事務所に備え付けています)
  • (2)請求者の国民年金手帳、年金手帳、又は基礎年金番号通知書
  • (3)戸籍謄本、戸籍抄本等の婚姻期間等を明らかにできる書類

このページの先頭へ

イメージ画像