離婚届不受理申出

こちらの離婚の基礎知識で記載しましたように離婚届を市役所(区役所、町村役場等)に提出し、受理されることで離婚が成立します。そして、この離婚届の提出は(元)夫婦が揃って市役所等に提出する必要はなく、(元)夫婦のいずれかが提出に行けばいいのです。

つまり、(元)夫婦のいずれか一方が勝手に離婚届を提出して受理されると、離婚が成立してしまうということです。

もちろん、夫婦の一方に離婚の意思がなければ(離婚届を提出する夫婦の他方は、離婚する気が満々なのでしょうが)、その離婚届を提出して受理されたとしても、離婚は無効です。

しかしながら、いったん受理された離婚届を無効なものにするための手続は容易ではありません。

まずは家庭裁判所に離婚無効の調停を申し立てる必要がありますし、その調停において、離婚届を提出した他方の配偶者が「相手は離婚に同意していた!」という主張を続けるならば、その調停は成立しませんから、離婚を無効にするために今度は「離婚無効確認の訴え」を提起することになるからです。

離婚届に勢いで署名して押印もしたけれど、あとから冷静になって考えてみると「やっぱり離婚したくない」と思うこともあるでしょう。ところが、その離婚届は相手が持っているので、いつ提出されるかわからないという状況が考えられます。

なお、協議離婚が成立するには、離婚届に署名捺印した時点ではなく、離婚届を提出する時点で夫婦双方に離婚の意思があることが必要となります。

また、離婚届提出先の市役所等では、その離婚届に記載された署名が本当に本人のものであるかは確認のしようがありませんので、離婚をしたい夫婦の一方が勝手に離婚届を作成して提出(犯罪ですが・・・)してしまうことも考えられます。

離婚届の受理を阻止する方法

そこで登場するのが「離婚届不受理申出」です。

この離婚届不受理申出とは「私は離婚する意思がないので、夫(妻)が勝手に離婚届を提出してきたとしても、離婚届を受け付けないで下さい」と申し出るものであり、「離婚届不受理申出書」というものを提出して行います。

離婚届不受理申出書の提出先は、届出人の本籍地の市役所(区役所、町村役場等)が原則となりますが、本籍地以外の市役所等に提出することも可能です。

なお、離婚届不受理申出書は、市役所等の戸籍係に備え付けられておりますし、提出費用も無料です。

効果、期間延長、取り下げ

離婚届不受理申出をしておけば、かつて署名捺印した離婚届、あるいは偽造された離婚届を夫(又は妻)が勝手に市役所等に提出したとしても、6ヶ月間は離婚届が受理されない効果が生じます。

また、6ヶ月経過後に再度離婚届不受理申出書を提出すれば、離婚届不受理の期間を更に6ヶ月延長させることも可能ですから、「離婚届が勝手に提出されてしまうのではないか」というような不安に駆られることなく、離婚するかどうかについて、慰謝料・財産分与当の離婚条件等を話し合うことができるでしょう。

なお、離婚届不受理申出書を提出した場合、離婚届が受理されない期間は前述のように6ヶ月間ですから、提出後に離婚の意思が固まったら6ヶ月経過後に離婚届を提出できますし、6ヶ月経過しなくとも、離婚届不受理申出の取下書を提出することによって離婚届を提出することもできます。

このページの先頭へ

イメージ画像